知って得する鉄道模型トリビア

レールに信号機を取り付けて鉄道模型を楽しもう

レールと鉄道模型と信号機

レールの上に信号機を設置すれば、本物の信号機のように信号の色が点灯したり切り替わったりして、鉄道模型を走らせるのがより楽しめます。そこでおすすめの信号機は、トミックスから販売されているTSC5灯式信号機のセットです。これは、信号機本体と配線とセンサー付きの道床付きレールがついています。
信号機本体をベースのコネクターに取り付けて道床付きレールについている配線をトミックスのパワーユニットのTCS出力端子につないで電源を入れると信号機が青色に点灯する仕組みです。そして、車両が信号機に差し掛かるとセンサーが反応して信号機の色が青から赤にかわります。それから車両が完全に通り抜けると、信号機が赤色<停止>から黄色2つ<警戒>になるシステムです。
その後、黄色2つ<警戒>から青色1つと黄色1つ<減速>に切り替わりやがて青<進行>になります。

また、車両をセンサーの上で停止させた場合には自動的に一定の時間で赤色<停止>から黄色2つ<警戒>そして黄色1つ<減速>から青色<進行>にかわるようです。一方パワーユニットの逆転機を切り替えた場合には、車両の進行方向が逆になるため車両が信号機を通り抜けてもずっと赤のままで点灯します。通電がされていない場合には信号機は赤で点灯する状態です。
その他3灯式の信号機や4灯式の信号機がありますが原則5灯式とシステムは同じになります。ただ、4灯式の信号機は赤<停止>から黄<注意>そして青色1つと黄色1つ<減速>から青<進行>にかわる仕組みです。

このように鉄道模型の信号機は奥深いものであり、信号機の切り替わっていくのを鑑賞するだけでも興味深くなります。 車両にカメラを搭載すればさらに臨場感あふれるレイアウトを楽しむことができるでしょう。

鉄道模型のディーゼル機関車を購入する時について

ディーゼル機関車

鉄道模型のディーゼル機関車は、単機すなわち機関車だけ走らせるのもありです。現実においても、機関車が単機で走る場合があるからです。無論、客車や貨車を何台も繋げて走らせるのが醍醐味となります。ディーゼル機関車も同様で、客車や貨物をけん引させて走らせると実際の様子を再現できます。とりわけ、実際の車両と同じように何台も繋げて走らせればなおさらです。しかし、ディーゼル機関車を購入する場合は相応の代金を用意しなければなりません。さらに、客車や貨車も多く買うとなればさらに資金を確保する必要があります。

そこで、ディーゼル機関車だけでなくけん引する車両を買うのならば割引を活用しましょう。鉄道模型の販売店の中には、商品の値段を割り引いているところがあります。また、ネット通販においても商品の値段が下がっている場合があるのです。割引品を購入すれば、費やす資金を抑制できるようになります。
すると、経済的な負担を軽減しつつ機関車と客車並びに貨車を多く買えるようになるのです。ゆえに、割引を利用してディーゼル機関車及び客車並びに貨車を買えば恩恵を受けられます。

ディーゼル機関車に多くの車両を連結させ、実際の列車のように走らせるのも鉄道模型の醍醐味です。しかし、列車が走ってこそ意味があるので客車や貨車を繋げすぎないようにしましょう。特に、勾配区間を走行するのであればなおさら数に注意しましょう。
他にも、割引を使って客車や貨車を購入するにしてもお金の使い過ぎには気を付けましょう。鉄道模型には色々種類があり、ディーゼル機関車もその中の一つです。色々な車両を連結させ、オリジナルの列車を走らせてみませんか。